お歳暮でお菓子が大人気の理由と、法人個人でお歳暮の選び方

お歳暮のシーズンもいよいよ到来。

今年一年お世話になった方々へ、年末の挨拶と共に
お歳暮を持って行くことが多いでしょう。

今回は、法人と個人のお歳暮のセレクト目線をズバリ考えてみたいと思います。
なんか、ワクワクしますね。

お歳暮でお菓子が大人気!法人と個人のお歳暮選び方

法人 個人
いつ頃買う 11月中旬~12月初旬 11月下旬~12月初旬
いつ頃渡す 11月下旬~12月中旬 11月下旬~12月中旬

誰に渡す

取引先

お世話になった方・仲人・田舎の親兄弟・恩人等個人

どこで渡す 会社に訪問して渡す 配送会社経由
モノは? お菓子 相手が喜ぶもの全般
誰が選ぶ 部署の女性・総務
選ぶ基準 個包装・軽いモノ 後でケチがつかないよう、それなりのモノ
値段 3000円~5000円 3000円~5000円

法人

法人の場合は、ほぼ相手様も法人に贈ります。
特に年末の挨拶も兼ねて贈る事が多いので
時には、3つ・4つ一緒に会社から持って行くことがあるでしょう。
だからこそ、重いモノ・かさばるモノは避けたいですね。
私も去年、会社で用意されたお歳暮がジュースだったため
指が真っ赤になりヒーヒー言いながら、持って行きました。
ほとんどの会社員の挨拶回りは効率を考えます。
上司を連れて歩き回ることも、良くあると思います。
そうなると、手荷物は一番ペーペーが持つはめになります。
役員を連れている場合で、車ならいいですが
電車だと、一気に数か所回るのであれば、何個も持たなくてはなりません。
重いモノだけは、お歳暮に限らず、御中元も避けて選んでほしいものです。
また、会社の部署内で食べるものですから、個包装されたお菓子をセレクトするべきですね。

個人

個人は贈る相手も、個人が多いでしょう。
手渡しよりは、配送会社に送ってもらうことがほとんどだと思います。
贈る相手の顔を思い描き、コスパと、文句がないようなものを選びましょう。
個包装を気にするよりは、「こだわりの」「地元の」「人気の」が
最近の傾向にあり、ふた昔前は百貨店で選ばれることが多かったようですが
年々、「誰かとかぶらない」あるいは「わざわざあなたの為に選びました」感をギフトに乗せている方が増えています。

法人に喜ばれるお菓子

  1. せんべい
  2. 焼き菓子
  3. おかき
  4. チョコ菓子
  5. マドレーヌ

法人の場合は、その会社に勤めている従業員が自席で食べるため
やはり、特別なお菓子と言うよりは、食べやすい馴染みのお菓子が
鉄板ですね。小腹がすいた時には甘味かせんべいかで分かれるようですが
やはり男性は甘いものを好まない人が多い為
おせんべいやおかきは大人気です。
困ったら、おせんべいはやおかきが無難です。

個人に喜ばれるお菓子

  1. 生菓子
  2. バウムクーヘン
  3. せんべい
  4. 焼き菓子
  5. おかき

たとえ重かろうが、日持ちがあまりなかろうが
美味しいと評判であったり、近所で有名だったりしたものを
贈る人が年々増えて来ています。
個包装には法人ほどこだわらず、それよりは「わざわざ選びましたスペシャル感」でグイグイ行く傾向が顕著です。

まとめ

お歳暮でお菓子を選ぶコツ(法人編・個人編)

<法人編>やはり、相手様もそうですが、出来れば持って行く人の事も考えてあげるのがベストでしょう。
ズバリ!キーワードは、①かさばらない ②重くない ③個包装 です。

<個人編>重かろうが、かさばろうが、何と言っても相手に喜ばれるコト!!これが大事!
ズバリ!キーワードは、「わざわざあなたの喜ぶ顔を思い、選んだ今年のベストです!」これで決まりです。

常にアンテナを張って、相手の喜ぶモノを日々探しましょう。
だって、日本人ですから。