おかきと、あられと、せんべいの違いあれこれ。日本の正統派お菓子

良く、あられとおかきとせんべいって、何が違うの?と聞かれます。
実は違いを突き詰めると結構楽しいので、分解したいと思います。

おかきとあられとせんべいの根本的な違い

おかき

おかきはもち米で出来ています。
もち米の性質で、中に空洞ができやすく、ふわふわ、さくさくします。
もち米ですから、噛んでいると割と歯に付きやすいですね。
大きさは2センチ以上が多いと思います。
中には棒状だったり、げんこつサイズだったり、大きいモノもかなりあります。

あられ

あられもおかき同様、もち米で出来ています。
おかきと何が違うのかと言うと、大きさです。
あられの方が小さく、3月に食べるひなあられも小さいですね。
小さく食べやすいので、つい食べ過ぎてしまう、かなり危険な存在です。

せんべい

せんべいは、おかきやあられと違い、うるち米(米)で出来ています。
ですので、空洞はありませんから、しっかりとした噛みごたえもあります。
良く、げんこつせんべいが堅くて好きだと仰る方もいますが
実は、げんこつせんべいではなく、げんこつあられがほとんどではないかと思います。
だから食べると空洞が多いですね。
堅さから言えば、やはりせんべいの方が性質上、堅いでしょう。

おかきとあられとせんべいの味付けバトルと勝手なイメージ

おかき

もち米で出来る関係で、「さくさく」な食感は、甘さや様々なフレーバーをまとわり付かせるにはおかきって、とても向いています。
はちみつおかきや、カレー、チーズ、わさびや、海老マヨネーズなど、様々なフレーバーに変化できます。
これは、二刀流の大谷選手より、スゴイ技です。

あられ

あられは、小粒ですのでビジュアルがキュートです。
ビジュアルの可愛さでは群を抜き、白や抹茶、ピンク色に染めた甘いフレーバーは若い層や女性に圧倒的な支持があります。
ビジュアルでは、あられに軍配が上がります。
あられ・・・と妄想すると、乃木坂46のようですね。

せんべい

おかきやあられから比べると、職人気質みたいなイメージがありますね。
味付けも、やはり王道の「醤油」
そして、堅焼!みたいな感じです。
粋で、通はせんべいでしょう~という江戸っ子の顔が目に浮かびます。
亡くなられた役者の、大杉蓮さんが、堅焼の醤油味って似合いそうです。
そういえば、当店神楽坂地蔵屋にも、おせんべい買いにいらしてくださったのは良い思い出です。
うん!せんべいは、大人で粋な男で決まりです。

まとめ

妄想しながら、おかきやあられ、せんべいを食べてみませんか?

食べる時は楽しく!
であれば、このおかきは誰々が食べると似合うとか、誰々に食べさせてあげたい等、妄想するとまた楽しいのではないでしょうか。
この可愛いピンクのあられは、乃木坂の白石麻衣ちゃんが食べると、めちゃめちゃ似合う!
この堅焼せんべいを、明石家さんまさんが食べたら、歯がキケン?!
この、はちみつおかきを渡辺直美ちゃんが食べたら、一体何袋食べるんだろうなど、想像するだけでめちゃめちゃ楽しくなりますね。