神楽坂の接待で使う、最高の手土産・おもたせは神楽坂の逸品

接待には、悩みがつきもの。
特に重役クラスの接待の場合は、手土産も必要となってきます。
何を基準に、どの位の値段で、どういったものを選べば良いのか悩んでいらっしゃる方に、耳寄りな情報をお伝えします。

神楽坂で接待というコトは

VIPクラスまたは、神楽坂でおもてなしをしたい、のどちらかだと思います。
神楽坂は、「神楽坂で接待をした・された」という特別感が、した方された方どちらにも、ずっと記憶に残るものでしょう。
だからこそ、接待をするお店と手土産は、はずせないのです。

接待をするお店

  • 格式の高い料亭
  • こだわりの割烹
  • おしゃれなフレンチ
  • 絶品の和食

神楽坂には、上記の場所が沢山あります。
ミシュランガイドに載った店ばかりだけではなく、本当に美味しいお店もかなりあります。

神楽坂のイメージ

東京の花街
花柳界
高級料亭
粋なまち

手土産を選ぶ基本情報

  1. 相手の役職は何でしょうか
  2. 会食場所
  3. 相手の家族構成は?

接待の手土産で選ぶべきPoint

  1. 重くない事
  2. 日持ちがする事
  3. わざわざ選んだスペシャル感
  4. 先方の手土産とかぶらない事

手土産を買う時期と持って行き方

接待に慣れている場所では、帰りの際に渡す手土産を入口で預かってくれます。
更に慣れているお店だと、接待日の前日には、直接手土産を預かってくれるのです。
そういう事を考えると、やはり手土産は、1週間前にまでに何を購入するかを決めておくと楽でしょう。
接待場所の近くでこだわりの手土産を購入すれば、当日何箱も持って行くことはありません。
予め地元神楽坂で買う店を決めてしまえば、接待場所へお店の方が手土産を持って行ってくれます。
重い思いをしないで、手ぶらで接待場所へ行けるのは有り難いですね。
大手百貨店で無難なものを買うのであれば、自ら接待開始30分前までに接待場所へ手土産を持参しましょう。

まとめ神楽坂で接待をしたことは一生忘れない
やはり神楽坂はとても、特別な場所でしょう。
特に、「神楽坂で接待」はひとつのステータスですし、会社員であれば一度くらいは神楽坂で接待をしてみたい、あるいは受けたいと思うでしょう。
リタイヤしても、地方に異動になっても、「神楽坂で接待をした・受けた」ことはなぜか忘れないものです。
「神楽坂」という場所が、見知らぬ土地での活躍や、初めての方との会話で話が弾む事もしばしばあります。
そんな神楽坂で、接待したことを忘れない、いい思い出にするためにも、お店選びと手土産には、こだわりたいものです。
「神楽坂」という場所での接待が、何年後、あるいは何十年後のどこかの場所で
「こんな場所で」「こんな街並みで」「こんな方々と」「こんな手土産を」と一生忘れない接待であるために、「神楽坂の接待」は「神楽坂の通なお店」で「神楽坂のこだわりのお店の手土産」をおもたせ・・・・・これで、で決まりです。

神楽坂地蔵屋のブログに来て頂いた方だけの耳寄り情報
神楽坂でおとなの接待を終えたら、2次会にほっと一息、おススメの場所がございます。
とても有名な方ですが、何故有名なのかは、ここでは書きません。
来るお客様もそうそうたる方々ばかり。更に話しのネタにも良いでしょう。
「神楽坂地蔵屋」で紹介されたとひと言、言って頂ければ、悪くはされないと思います。
ご不安でしたら、事前にお電話でご相談でも。
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-8-31 6F 03-5261-2988
むら田